JGLTAとは

どのような立場の人でも日常から解放される旅行や観光は特別であり、思う存分楽しみたいと思っています。

当協会は性的マイノリティと言われる L:レズビアン、G:ゲイ、B:バイセクシャル、T:トランスジェンダー、Q:クイア(以後、総称して「LGBTQ」と表記します。)に焦点を当て、LGBTQがもっと快適に、もっと楽しく旅行や観光ができるように、多くの企業、団体、公共機関を巻き込み、サービス提供者、利用者双方の利益を追求するために設立されました。ダイバーシティの実現は社会共通の理念であり、課題でもあります。それは旅行や観光においても例外ではありません。

近年、欧米を中心とするLGBTQ市場は活況を見せており、アメリカでは77兆円、中国では33兆円、イギリスでは7兆円の市場規模があると言われています。

LGBTQ市場の熱はここ日本でも需要が高まりつつあります。最近LGBTQ市場の盛り上がりを示す数々のデータや情報が出ており、日本のLGBTQが持つ市場規模は6兆円にのぼるというデータがあります。しかし、実際にそのパワーを多くの方が享受できているかと言われるとそうではないように思います。利用する側のニーズやウォンツを把握することは不可欠で、このLGBTQ市場の盛り上がりとこれらの需要の把握が合わさることにより日本のLGBTQ向けのサービスや商品は今後、確実に増えていくと思います。

当協会はLGBTQ市場の持つ潜在的なパワーに焦点を当て、LGBTQの旅行、観光を取り巻くサービスの需要促進を目指して、多くの会員様と共に歩んでいきます。

一見、成熟期に入ったと思われる市場でもLGBTQに焦点を当てることで更なる成長を遂げる可能性は十分にあります。LGBTQ市場は魅力的であり、特別な存在だと思っております。

当協会は、LGBTQ旅行者、観光者がより楽しめるような環境づくりを目指し、それにまつわるサービスを展開していく会員の収益向上に努めてまいります。

JGLTAの想い

当協会が大切にしているビジョンは、
「社会倫理を守り、サービス提供者、利用者の利益向上に努める」ことにあります。
日常から解放される「旅行」や「観光」は大きな意味を持つものです。その効用が提供者、利用者双方に利益としてもたらされることを目指していきます。

JGLTAのミッション

LGBTQ、LGBTQインバウンドが皆と楽しんでもらえるように

LGBTQ、LGBTQインバウンドと共に楽しめるように

人種や言語、性別に囚われない国際交流を目指して

得られる利益を提供者・利用者双方が得られるために