JGLTA

初めて行ってきました!ゲイバー体験記

2021年5月10日

初めて行ってきました!ゲイバー体験記

ついにこの日がやってきました。行くと決意してから一ヶ月。ついに私は「ゲイバー」と呼ばれるゲイの方々が集まるお店に行ってきました。今日はそんなゲイバーでの体験記を書いてみたいと思います。

行ってきたのはゲイタウンとして名高い新宿二丁目。ゲイバーの中でも「ミックスバー」と呼ばれるゲイの方はもちろん、私のようなゲイではない一般の方から女性まで入店可能なお店です。
お客で賑わうという土曜日、飲食店が立ち並ぶ新宿三丁目エリアを抜け、二丁目エリアに入ると華やかなレインボーカラーに彩られた店舗が目に入ってきます。緊張しながら歩くこと5分、お目当てのお店に到着。ドキドキしながら扉を開けてみると…

いくらミックスバーと聞いていても、私の勝手な想像でテレビで見るような女装の方や筋骨隆々なマッチョがいるのではないか…とイメージしていたのですが、拍子抜けするぐらい普通の景色。スーツを着たサラリーマン風の方からカジュアルな服装の男女カップル、20代前半と思える若者から年配の方まで幅広い方々が楽しそうに話しています。

爽やかな風貌の40代と思しきマスターの案内でカウンター席へ。何を頼んでいいか分からずとりあえずビール。まだ緊張はほぐれず注がれるグラスを持つ手が少々震えます。そんな私の雰囲気を見越してかマスターが

「初めてかしら?どこかの紹介?」

自分がゲイではなく、興味本位から来店したことを告げると

「あら、ノンケさんなのね。可愛い顔してるのにもったいない」

ノンケ?可愛い?聞いたことや言われたことのない言葉をかけられ不思議な感覚に。何でもノンケとはその気がない、ストレートのこと。さらに聞けば私のようなジャガイモみたいな顔がタイプ、という方も多いという。

そんなわけで少しチヤホヤされながら、ここでは書けないような下ネタや芸能ネタを交えつつ2時間、ビール3本飲んで3000円ほどのお会計。いやはや楽しかった。

まだ一件しか訪れてないので全体的なことは語れませんが、とにかくスタッフの方は話術が巧み。何を言っても面白く返してくれるので、会話が弾む弾む。老若男女問わずお客さんがリピートしている理由がわかります。
とにかく楽しみたい方から恋、仕事の悩み相談、豪快な下ネタまで何でも受け止めてくれる間口の広いお店、それが観光バーなのかもしれません。また来月行ってきます!

おすすめコラム