JGLTA

JGLTA Discovery

困った時は:病気や怪我になった場合

困った時は

日本滞在中は何ごともなくスムーズに行きたいものです。しかし、病気や怪我、盗難などのトラブルに遭ってしまった場合、慌てずに行動を取りたいものです。ここでは考えられるトラブルとその対処法を掲載しています。

病気や怪我になった場合

日本滞在中に病気や怪我になってしまったら。消防庁や東京都では、休日・夜間の診療施設や救急医療機関の電話案内を行っています。新宿区では、休日診療のほか、電話で医療機関の案内や急患の相談をしています。

電話で助けを求める

緊急で警察、救急車、消防署を電話で呼ぶ必要があるときは、警察は110番、救急車と消防は119番です。英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語であれば、通訳を介し3人同時での通話にて対応します。 警察:110 救急:119

救急車の助けを求める

救急車を利用する場合はこちらをご覧ください。 総務省消防庁:訪日外国人のための救急車利用ガイド

医療機関を探す

医療機関を探す場合はこちらをご覧ください。 Japan: the Official Guide

保険

旅行保険は加入していますか?訪日中における医療費負担額は全額負担となり高額になることが多いです。是非とも旅行保険に加入し不測の事態に対処できるようにしましょう。

ホットライン

Jhelp.comでは、全国どこでも24時間対応している外国人向けの緊急時相談窓口です。災害時や急病、その他困った時に利用しましょう。 Jhelp.com Jhelp.com:0570-000-911

困った時は:病気や怪我になった場合

JGLTA Discovery

人生の行路をかなり遠くまでたどってくると、
以前は偶然の道連れに過ぎぬと考えていた多くの人が、
ふと気がつくと、実は誠実な友だったことがわかる。

ハンス・カロッサ 1878 – 1956
ハンス・カロッサ 1878 – 1956